ローンを残したまま不動産売却をする時

ローンを残したまま不動産売却をする時

まだ家のローンは残っているけど、都合上今の家を手放さなくてはならなくなった…。
という方もいらっしゃるかもしれません。
今は普通に暮らしていても将来はどうなるかわかりませんので、念のためこの知識は予備知識として頭に入れておきましょう。

 

この場合、普通に不動産売却を行うことはできないので、不動産売却ではなく『任意売却』を行います。

 

任意売却は通常の不動産売却とは異なる点が多いため、不動産会社に依頼をしても相手がその知識を持っていないことが多いです。ですので任意売却を依頼する際には弁護士などに依頼するようにしましょう。
今は無理だからまたあとで、と後回しにすることなく、できることなら早いうちに弁護士事務所などに相談しに向かってください。
もしかしたらその家を手放す必要がなくなる可能性もあるからです。早めの行動を強くお勧めいたします。

 

そのまま後回しのままにしていますと、いざ弁護士に相談した時には残される選択肢もわずかとなってしまいます。
自宅が競売に出されてしまうという最悪のパターンを迎えてしまうので早期の任意売却が必要です。